各業界のモノサシ (年収 給料 収入)

転職のモノサシ 年収 > 各業界の年収分析

一番多い年収層はどこなのか?

男女合計での一番年収多い層は300~400万円台です。最大ボリュームゾーンは男性が300~400万円台、女性は100~200万円台です。男性は300~400万円台を境に900~1000万円台までは層が減り続けます。女性の場合は100~200万円台を頂点に層が減り続け、500万円台を超えるとそれ以上の層で100万人未満となります。ただし、女性の社会進出はさらに進んでくることを鑑みると、男女の賃金格差は将来的には縮小されていくだろう。

何歳まで年収は上がり続けるのか?

男性は50歳前後までは年収は上がり続ける傾向にありますが、女性は40歳前後を境に緩やかに下降線を辿っています。そして、男女ともに60歳前後なると20~30歳時の年収まで落ちていきます。しかし、こうして見てみると日本はまだまだ年功序列に基づく年収の企業が多いことに気づくだろう。ただし、ここ最近は年功序列ではなく、年俸制や実力主義の賃金形態を取る企業が増えてきているので、今後は上記のグラフにも異変が起きることが予想される。

役職で年収にどれぐらいの差が生まれるのか?

係長になれば、比較的高年収と言われる600万円オーバーとなり、課長になれば人材業界での「エグゼクティブ」と呼ばれる800万をクリア。部長になれば、晴れて1,000万円プレイヤーとなり、サラリーマンとして役員手前の給与では最高峰となる。この数字、あなたの会社と比較するとどうだろうか?
社名  × 

年収

 
ページトップへ